先生

ガンなど怖くない|最新の治療なら乳癌を完治できる

発見も治療も難しい

看護師

すい臓がんは早期発見が難しいがんです。腹痛や吐き気や黄疸などが主な症状なので、ただ胃腸が弱っていると思わず、異変があったら病院を受診しましょう。また元々糖尿病や慢性膵炎の方は注意です。それ以外の方も、喫煙や飲酒や肥満が危険要素なので、生活改善をして予防しましょう。

詳細を読む

術前や術後の療法

女性

薬剤による抑制

生存率も格段に高まっている乳癌の治療には、抗がん剤による治療も評価されています。術前や術後の補助療法としても使われているものの、進行や再発などの乳癌の治療にも使われていて、癌の増殖をストップさせられる薬剤です。点滴や経口薬が提案されていますが、人気なのは血液中の薬の濃度をコントロールしやすい点滴薬です。乳癌の完治を目指すために投与される治療の1つで、年齢やリンパ節への移転の有無、腫瘍の大きさなどに関係なく行えるのも評価が高い理由に挙げられています。また、投与と休みを繰り返しながらのサイクルによって効果が期待できることもあり、休んでいる間に癌細胞が活動を開始し、確実なタイミングで投与することで効果は最大限に発揮されます。

費用なども関与

治療内容は乳癌を発症した人によって様々に異なり、色々な薬が併用されるのが特徴です。抗がん剤による治療は主流となっていますが、1つだけを投与することによっては特定の副作用が集中してしまいやすく、そのため、いくつかの薬剤を併用するのが特徴です。副作用も分散させられるメリットもあり、さらに単剤の時よりも効果が期待されています。また、治療には必要な費用もあり、病院によってもまちまちです。例えば、抗がん剤でよく使われている療法は半年で約100万円程度かかる計算ができ、入院や通院などを含めた治療費について相談することによって、適切な提案を行ってもらえます。また病院の選択法としては手術を年間で100件以上行っているのかが目安となり、専門医が携わっている確率が高い方が、がん治療も効率よく進められるでしょう。

腸のがんを発見

医者

近年、大腸がんの検査を受ける方々は増えています。生活環境の変化が影響し、がんに対する危機感を感じる年代の方々から評価されています。腸内を撮影したり、初期がんを切除するなど、負担をかけない検査は日帰りでも行えるために、仕事柄多忙な方からも利用されています。

詳細を読む

定期検診で早期発見を

女性

乳がんは年々増加傾向にあります。早期発見するには、自己診断と共に定期的に乳がん検診を受けることが必須となります。検診には問診や視触診の他に、マンモグラフィーやエコーがあります。早期発見することで、体の負担が大きく減ります。

詳細を読む