病院

ガンなど怖くない|最新の治療なら乳癌を完治できる

腸のがんを発見

医者

血液検査から得られる情報

大腸がんの発生を部位別にチェックすると、直腸がんとS状結腸がんがその大部分を占めています。大腸にがんができると大腸粘膜がしこりのように盛り上がり、進行すると腸が細くなります。検査では、下剤を利用した後に浣腸を行い、腸内の内容物をなくした後に肛門からバリウムを注入する注腸造影検査が行われており、大腸がんは以前より診断されやすくなっています。また、血液検査でもがんがあるのか分かるようになり、血液の中の腫瘍マーカーと呼ばれる特殊なたんぱく質を発見する方法で、進んだ大腸がんを見逃すリスクが少なくなります。ポリープの形態には、無茎・亜有茎・有茎があり、採取した組織は病理組織の検査に回され、丁寧に調べられてがんの診断がつけられる流れとなっています。

ハッキリした診断

病院での大腸がん検査において、注腸造影検査は結腸や直腸の病変を見つけることができる点で評価されており、腸の内部の情報も掴め、小さながんやポリープでも早期発見できるのが魅力です。様々な体位・角度で数十枚もの撮影を行い、約15分程度で検査が終了するのも負担軽減で評価されている内容です。また、ポリープや潰瘍が発見されたり、大腸がんと似た疑わしい病変がある場合には粘膜の一部をわずかに掴み取り、顕微鏡で検査する大腸内視鏡検査も行われます。そしてカラー写真を撮影することもでき、ハッキリと腸の内腔をチェックできます。肉眼の所見だけでは初期がんは見誤るケースもあるため、人気の検査です。また、電気で焼き切る内視鏡ポリペクトミーで一部がん化した早期大腸がんの治療も速やかに行えます。