病院

ガンなど怖くない|最新の治療なら乳癌を完治できる

定期検診で早期発見を

女性

若い人も注意が必要です

乳がんは女性特有の疾患としては罹患率や死亡率が高い病気として知られています。乳がんリスクが高い要因として、初経年齢が早い人・初産年齢が遅い人・出産歴や授乳歴がない人・飲酒の習慣がある人・家族歴などがあります。かつては日本人に少なかった病気ですが、食やライフスタイルの欧米化などにより、近年増加傾向にあります。中高年に発症することが多い乳がんですが、20代や30代女性にも発症することがあり、女性であればだれでもかかる可能性があると言ってもいい病気です。欧米では乳がん検診を受ける女性はとても多いのですが、日本では検診を受ける割合が少ないのも罹患率が増えている原因です。恥ずかしい・マンモグラフィーが痛いなどで、検診を避けている人もいるのが実情です。

自己診断と検診が重要

乳がんの早期発見には、自己診断もとても重要です。入浴中に胸や腋の下などを自分でマッサージすることで、しこりや形の異変に気づくことができます。その上で年に一度の乳がん検診を受けることで、がんになっていないかの早期発見ができます。検診では、問診・視触診・マンモグラフィー検診・エコー検診を行います。年齢が若いと乳腺が発達して多いため、マンモグラフィーを行わずエコー検診を受けることが一般的です。乳がんが発見された場合は、医師と相談の上、手術や治療方針などを決めることになります。女性にとって乳房はとても大切なものです。近年の手術では、可能な限り乳房を温存する方法が取られており、乳房再建手術もできます。乳がんになったからとあきらめず、よりよい治療を病院と相談して決めましょう。